Category

記事

Category

前日に「シニア向けの口腔ケア」についてチュラロンコン大学、歯学部のヨッサキット・ローチャイワッタナー先生より、特別な講座をしていただきました。 タイ国王ラマ9世により、“เวลาไม่มีฟันทำให้กินอะไรไม่อร่อย ทำให้ไม่มีความสุข จิตใจก็ไม่สบาย ร่างกายก็ไม่แข็งแรง”(歯がないと、味が悪くなります。それにより不幸で気分も悪くなり体も病気になってしまうことがあります。) 日常生活に思い出したくない方もいらっしゃると思いますが、我々にとって、口腔が大事な話なので、次のように述べさせていただきます。 また、World Health Organization (WHO)により、良い口腔健康とは、口と顔に慢性的な痛み、口腔がん、咽頭がん、口腔潰瘍、感染症、歯周病、虫歯、虫歯およびその他の障害のない状態で、そして、噛む、笑う、話す、そして良好な精神的健康を保持できることである。 口の中は栄養分の面で、とても細菌が繁殖しやすい場所です。健康な人でも、口の中には700種類以上もの細菌が常にあると言われています。高齢者が口腔ケアを怠ると口の中の細菌は増殖して、病原性のある細菌に変化します。 口腔内細菌・口腔機能が関与するとされる全身疾患・感染症: 心臓病、口腔がん、歯周病、脳卒中、糖尿病、虫歯、歯の喪失、口臭、肺の状態などつながり恐れがります。 自分で健康な高齢者なるための口腔ケア: 1.バランスの取れた栄養の促進。砂糖の摂取量を減らし、果物と野菜の消費を増やすこと。 2.喫煙や飲酒などの非感染性疾患の一般的な危険因子を減らすこと。 3.定期的な口腔ケア また、適切な口腔洗浄装置を選択してください。 歯ブラシ: 握りやすいハンドル、口に適し、柔らかい毛の種類を選択してください。   歯磨き粉:虫歯を防ぐためにフッ化物を含む歯磨き粉を選択してください。 歯のクリーニング装置: 歯を1日1回洗浄するための機器は、良いタイプを選択するか、医師に相談してください。 歯を磨いた後、口の中のフッ化物の量を維持するために、 歯磨き粉を吐き出す時、歯磨き粉を吐き出さないように工夫します。 ちなみに、あなたは本当に毎日歯をきれいに磨いていますか? 先生は、以下の写真のように歯磨き方を紹介します。 シニア向けは磨き方: 1.歯茎と歯の間に45度傾けたブラシを置き、わずかに3〜4回ずらして歯茎をやさしくマッサージします。…

อ่านต่อ ...

Happy Smile together: Thailand and Japan 開催日: 2020年2月21日、09:30 – 16:00時、場所: W-DISTRICT タイに住んでいても、タイ人と交流機会があまりにも少ない!言葉ができないし、交流会場もないし、と感じていらっしゃるのではないでしょうか。ヤングハッピー(弊社)はその状態を把握し、2020年度、ついにバンコク初、第1号目に日タイ交流イベントを開催いたしました。 このイベントは、シニア向けで「健康・文化・楽しい」というコンセプトを立て、現地のタイ人とタイ、バンコクに滞在している日本人の間で互いに交流できることを目指し、タイ語と日本語の双方で行いました。 今回の「健康」というテーマは、「シニア向け口腔ケア」です。講師は、チュラロンコン大学歯学部、ヨッサキット・ローチャイワッタナー先生です。健康な高齢者になるための口腔ケアや適切な口腔洗浄装置について説明しました。病院の雰囲気と違って、専門の先生が質問を投げかけ答えた方に歯ブラシやうがい薬など渡してくださったり、Q&A時間には皆さんがどんどん手を挙げて質問したり答えたりして大変楽しい雰囲気でした。 写真1:10:30 – 12:00時 ヨッサキット先生による「シニア向け口腔ケア」についての楽しく分かりやすいお話 写真2: うがい薬をゲットしたタイ人シニア 写真3:午前中の集合写真 続いて、午後のイベントの後半に入ります。ヤングハッピーのドゥアンケーオ・スットプラータナー、私が「日タイの高齢化社会の事情及び文化交流の傾向について」の交流会を行いました。日本とタイ旅行者の人気な観光地、日タイの高齢者の最新情報、日本人とタイ人の定年退職後の活動・生活などを説明しました。この活動の最中に(13:30 – 14:20時)、日本人(細野様)に聞いたり、タイ人の参加者に話したりして盛り上がりました。 写真4: 日タイ文化交流活動 写真5:タイ・日本についてQ&A 最後の活動は、「健康で幸せなダンス(HEALTHY HAPPY DANCE)」を行いました。最初に皆様が恥ずかしいと思いますが、どんどん手を出し、音楽のリズムに合わせて足を動き始まりました。つい、笑顔になりました。 写真6:14:30 –…

อ่านต่อ ...

「まずはタイ語で挨拶しましょう」ということで、簡単にすぐタイ語を使える話し方を紹介します。多くのタイ語の本は、アルファベットで発音記号を付けますが、「今日からタイ語」という本は、カタカナ語で、誰でもすぐ発音できるように工夫しています。 タイ人に会ったら、「サワッディ(k/ kp)*」で挨拶してみましょう。                  *女性の場合:    (k)は、「カー」となります。                   男性の場合:    (kp)は、「クラッ(プ)」となります。                                                   (プ)は、口の形は「プ」ですが、声を出しません。 次に、自分の名前を伝えてみましょう。タイ人はだいたいニックネームで言います。日本人はニックネームがない方が一般的ですので、苗字または名前で自己紹介となります。どちらでもいいです。好みで自己紹介してみてください。 続いて、タイ人にとって苦労して練習した「どうぞよろしくお願いします。」です。日本人にとっても「インティ ティー ダイ ルーチャック」を言うのも難しいと思います。もっと練習しましょう。 最後に、「じゃ、またね」の文もよく使います。 以上、いくつかのすぐ使えて、すぐ役立つ挨拶のし方を紹介しました。他のエピソードをもっと知りたい、読みたい場合、「今日からタイ語!CD付:すぐに話せる基本の表現」を探してみてください。では、チョーク・ディー・ナ (Good Luck!) … 出典: 岡本麻里、2016、「今日からタイ語!CD付:すぐに話せる基本の表現」、白水社、p14。

อ่านต่อ ...

世界の高齢化率、2040年にアジアの上位5位は、日本(34.3%)、韓国(31.2%)、シンガポール(29.7%)、タイ(25.8%)、中国(23.8%)となる見込みです(UN, 2017)。   図1 世界の高齢化率の推移(アジア) 出典:UN,World Population Prospects (The 2017 Revision)   【日・タイの高齢者の最新事情】 「高齢者」の人口は、各国の基準によって60歳以上か、65歳以上と言うように違いがあります。日本の人口は、126,600,000人で、その内訳35,230,000名は、65歳以上(27.8%)となります。タイ人の人口は、66,558,935人で、その内訳11,136,059名は、60歳以上(16.73%)となります。   表1 全国人口 人口・割合 日本人(2018年) タイ人(2018年) 人口 126,600,000人 66,558,935人 シニアの人口 35,230,000 (65歳以上) 11,136,059 (60歳以上) 割合 27.8%…

อ่านต่อ ...

ヤングハッピーは、三年目に入りました。私たちは急速に増加しているタイ人シニアの一番幸せな長期にわたるオンライン社会のニーズに応えています。本年、タイ在住の日本人シニアの皆様にも、退職後、「楽しい」、「大切に感じ」、「自立できる」と言うお気持ちをもってタイでの生活を送れるように応じることになりました。 ヤングハッピー(YoungHappy)という名義は、二つの意味があります。タイ語の場合、「ヤン・ハッピー」で「まだ幸せ」という意味で、英語の場合、「Young and Happy」でまだ若々しくて毎日幸せの人生を送っているという意味です。 皆様がご存知の今のヤングハッピーは、シニアの皆様に伝えたい物語がたくさんあります。この場で私たちのことを簡単にまとめてお話いたします。 ヤングハッピーの始まり ヤングハッピーの創設者兼CEO、ギャップ(タナーコン・プロムヨット)は、社会問題を解決したい意志と夢により、社会的企業(ソーシャル・エンタープライズ)を創業しました。社会的企業という会社は、社会的結果を果たすことを共に、寄付金に頼らずビジネス自体でお金を稼ぐことができるということです。その結果、ギャップは、身近な問題から解決を始めました。 ギャップが初めに自分で解決しようと決めた問題は、クローゼットから溢れていた衣服の問題でした。 I PAY IT FORWARDというプロジェクトを通して、その服を必要となる人たちに寄付しました。ギャップは、また、自らで服を寄付したい人たちから収集して、その服を必要となる人たちに渡しました。3-4カ月後、このプロジェクトを終了しましたが、企業というものを前より理解できるようになりました。 最初のプロジェクトは終わりましたが、ヤングハッピー共同創設者、ナチャー・タンサワットに出会って、両者とも高齢者の問題がタイでも大きな社会問題になりつつあると論じあいました。またギャップは、両親が退職した唯一の子供でもあって、この問題を解決するためになんとか対応しなければならないと考えています。 最初にギャップとナチャーは、チュラロンコン病院の認知フィットネスセンター(Cognitive Fitness Center)でボランティアとして、高齢者にスマートフォンの使用方法を教えました。さまざまなIT技術の発達により、私たちの生活は楽になるし、高齢者の方々にも私たちのようにスマートフォンの使用方法を分かれば、きっと快適な生活を送れるようになるだろうと思い付きました。 チュラロンコン病院で教えた後、二人がバンパンラック協会、政府センターのコミュニティデジタルセンターなど様々な場所でスマートフォンの使用方法を教えました。その結果、IT技術及びその他のニーズを含む高齢者が要求するもの・ことを理解しました。 シニア向けの幸せなコミュニティ 高齢者の問題を理解した後、高齢者のアルツハイマー病、居宅、寝たきりになった高齢者にとって、治療及び介護の費用が大きな負担となることがわかりました。その費用は月に約30,000バーツで、5年内に2,000,000バーツ必要となります。しかし、高齢者が自分で自分の面倒を見ることができる期間を延長できたら、医療に関する費用を削減できるかと考えています。 アルツハイマー病など病気にかかった高齢者に病症の軽減の支援をするために、ヤングハッピーのコミュニティを通して友達を作ったり、一緒に創造的な活動に参加したりして、その結果、高齢者の孤独、うつ病、身体的および精神的健康問題の改善につながれると信じます。 ギャップは、ヤングハッピーのコミュニティに15,000人のメンバーが集めれば、政府と家族の両方の負担分を最大30,000百万バーツ節約できる計算しています。この点は、社会的結果を活用するのに役立つ夢と目標と見なされます。ヤングハッピーには、1年目に10,000人で、2年目に、30,000人以上(全部のチャネルの合計)の参加メンバーができました。もちろんタイ人のコミュニティを拡大し、2020年はタイ在住している日本人など外国人のコミュニティをも構成します。首都バンコクやチェンマイ県に滞在している多くの日本人方々のため、現地のことがら、現地の人と社会的に交流できるようになることを目指します。 次の共同創立者は、バンク(チュティフォン・ウパイブーン)です。最初に、高齢者向けのIT 技術教育書を作成するために招待されました。今は、ヤングハッピーのキャラクターなどアートワーク世話人の役割を果たしています。主要な力の一つになっています。 その後、技術の高齢者のニーズを理解するにしたがって、特に高齢者向けのアプリケーションを作成したいと思うようになりました。そのような時にアプリ開発技術者、アーム(ティラサック・ムントゥイ)に出会いました。 それとは別に、ヤングハッピーを成長させる役割を担う多くの人々もいます。我々は、シニアの方々向けに新たなコンテンツも提供します。そして、アプリケーションの監督と開発を支援しているバックアップチームは、常に更新します。他の作業チームも含めて共にヤングハッピーの成長を押し進めています。 受賞 ヤングハッピーは、ビジネス・インキュベーション・プログラムに参加して、急速に成長する機会もありました。最初期と比べると当社のアプリケーションは500%以上成長しました。 当社は、また、タイで開催されたシンガポールのImpactechイベントに参加しました。タイの中だけではなく、海外の有名なプログラムに参加しました。例えば、MaGICのGlobal…

อ่านต่อ ...